太陽で大規模爆発 8日地球に影響出るおそれ


太陽の表面で「太陽フレア」と呼ばれる大規模な爆発現象が起きた影響で、8日午後から深夜にかけて電気を帯びた微粒子が地球に到達し、GPSや無線通信などに影響が出るおそれがあるとして、国立研究開発法人の情報通信研究機構が注意を呼びかけています。


太陽表面の爆発現象「太陽フレア」は、太陽の「黒点」と呼ばれる場所で起きている現象で、日本時間の6日午後9時前、大規模なものが発生しました。


情報通信研究機構によりますと、同じ規模の爆発は11年前の2006年に観測されて以降なかったということで、爆発で放出された電気を帯びた粒子が8日の午後3時ごろから9日の午前0時ごろにかけて地球に到達すると見られています。

続きはソースにて

SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-23_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-31_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-38_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-44_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-52_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-17-59_No-00
SnapCrab_NoName_2017-9-7_22-18-6_No-00


《ツイッターの反応》










(´-ω-`)<ミサイルに太陽にたいへんな昨今だ