羽生結弦、涙!66年ぶり五輪連覇! ソチから1464日、五輪史に伝説刻んだ


《記事によると》

・平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。


・1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりの連覇を達成。オリンピック史に伝説を打ち立てた。


SnapCrab_NoName_2018-2-17_15-58-10_No-00

情報元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00018154-theanswer-spo

《著名人がツイッターで祝福》














(。・ω・。)<これ国民栄誉賞あるだろ…